栂池自然園の紅葉も真っ盛り、いよいよ新そばの季節がやってまいります。
 

そば畑

ソバの花
「信濃では月と仏とおらが蕎麦」小林一茶が鼻高々に歌っていますが、確かに信濃では信州ソバが自慢です ^^
そばの歴史は意外に古く、縄文時代にその痕跡が見られ、米以前にそばが食べられていたそうですから驚きです。三角形にとがった様子を「稜(そば)」と言い、実のとがった形からソバに成ったといわれます。今のような「そばきり」と呼ばれる麺となったのは、江戸時代初期の頃で、それ以前は「そばがき」のような練ったものや、団子にして食べていたようです。ただし穀物を石臼で粉にするようになったのが、鎌倉時代以降ということですから、それ以前は粒のまま食べていたのでしょう。
 

溝蕎麦(ミゾソバ)

ミゾソバの花
ミゾソバ:溝のような湿った場所で群生し、花や姿がソバに似るので命名されました。葉の形が似るので「牛の額」と呼ぶところもあるそうです。茎には下向きのトゲがあり、うっかり立ち入ると悲惨な眼に遭います。同じ仲間の「ママコノシリヌグイ」もやはりトゲがあり、一見しただけではミゾソバと区別が付きません。角の尖った三角形の葉裏の主葉脈にまでトゲがあるのがママコノシリヌグイ。それにしても痛そうな名前であります。昔の継子はそんなに虐待をうけていたのでしょうか?
 

蕎麦菜(ソバナ)

ソバナの花
ソバナ:山菜としても食べられています。接尾語に「ナ」の付く植物は、大概が昔から食べられていた植物です。小谷の方言でフキタチ(フキダチ)と呼ばれ、茹でるとそばの香りがするとい言いますが、まったく気付きませんでした。花を知ったら意外と可愛い花で、以来食べていません。山の険しい道を「岨道(そばみち)」と言い、そんな道端に生える所から「岨菜(そばな)」と呼ぶ。と言う説もあります。

そば屋と言えば「○○庵」と言う名前を思い浮かべる程に多い名前です。 江戸時代、浅草の道光庵という草庵の庵主が、実に美味しいそばを打つというので評判になり、その名前にあやかって「○○庵」と言う名前のそば屋が増えたのだと言います。江戸は地方出身の肉体労働者が多く、塩分の濃い物が好まれたようで、汁も濃い目でソバに半分ほど浸してススルのが粋とされていたようです。
時々、無性に駅そばが食べたくなるのは太井メだけでしょうか?
 
 

太井メでした L(^o^ve)
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 花ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ランキング参加中
クリックで応援宜しくお願い致します
 
 
 
 
キクイモ(菊芋)
キク科ヒマワリ属の多年草
 
名の由来は菊のような花が咲き、根茎が芋に似るから。
 

キクイモ(菊芋)
この界隈では今一番輝いている花。群生していると一瞬ひまわりか?と勘違いするほどに遠くからでも目立つ。小谷の方言では唐芋(からいも)と呼ぶ。といっても中国産ではなく北米原産。沖縄や南九州で唐芋は「さつまいも」のこと。中国から沖縄や薩摩に渡り「唐芋」と呼ばれ、沖縄から九州に渡ると「琉球芋」。九州から本州に渡って「薩摩芋」と伝来元の呼び名に変化していくのが面白い。
 

キクイモの花
小谷の特産品に「菊の助」という菊芋で作った焼酎があります。癖がなく飲みやすい焼酎です。ぜひお試しあれ。もう一つ小谷の特産品に「こしょう漬」と呼ばれる漬物があります。「こしょう」は胡椒ではなく青唐辛子のことを指す方言です。塩水に数種類の野菜を「こしょう」と一緒に漬け込み、色付けに赤ジソや最近ではボルシチに使うビーツをいれることもあります。野菜はキュウリ、大根、ミョウガなどが多いですが、ここに癖のない菊芋を入れると、色んな野菜のエキスを吸って実に美味しくなります。ピリリとした辛味と、ほど良く発酵した酸味に、カリカリとした歯ごたえはたまらないのです。
 

一休み
 
下の写真は白馬乗鞍から見た北アルプス。右側の雲に半分隠れたのが杓子岳、尖った山が白馬鑓ヶ岳。天狗尾根から天狗の大下りを下り、不帰(かえらず)一峰・二峰・三峰そして八方尾根がある唐松岳へと続く。栂池から見る白馬三山とは大分ちがう。不帰三峰がちょうど木に隠れて見えないのが残念。他のアングルだと電柱が入る。何所に行っても邪魔なのが電線と電柱。何とかならんかなぁ。

キクイモと白馬連峰
9月27日(土)~10月5日(日)栂池自然園・紅葉まつり開催中。栂池自然園の紅葉が見頃を迎えています。
 
 

太井メでした L(^o^ve)
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 花ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ランキング参加中
クリックで応援宜しくお願い致します
 
 
 
 
番外編で八方尾根に生える高山植物で白馬(しろうま)の名を冠する高山植物を一つご紹介
 
シロウマアサツキ(白馬浅葱)
ユリ科ネギ属
 
蛇紋岩大地と特異な気象条件下の八方尾根には、高山に登らなくてはお目に架かれない植物が数多くある。白馬岳で発見されたシロウマアサツキ(白馬浅葱)もその一つ。
平地のアサツキの雄しべは花弁より短く、上から覗かないと見えないが、シロウマアサツキの雄しべは花弁と長さがほぼ同じで、外からでも確認できる。
 

シロウマアサツキ
 
八方尾根のシロウマアサツキは悪条件下でだんだん小さくなり、やがてシブツアサツキ(至仏浅葱)に分類されるかもしれないとの事。図鑑を調べてみると、シロウマアサツキとシブツアサツキはお互いに「synonym(シノムニ)=別名」とされる扱いのようで、先に名前が付いた"シロウマアサツキ"としても問題はないと思います。

白馬大雪渓の葱平(ねぶかっぴら)は白馬浅葱(しろうまあさつき)が群生する事から名付けられています。
 
 

太井メでした L(^o^ve)
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 花ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ランキング参加中
クリックで応援宜しくお願い致します
 
 
 
 
ハッポウウスユキソウ(八方薄雪草)
キク科ウスユキソウ属
 
 

八方薄雪草
 
高山に咲くミネウスユキソウ(シロウマウスユキソウ)の変種。茎葉の角度が45~60度と斜上するのが特徴。八方尾根にある物はほとんどがこのタイプ。五竜遠見尾根でも確認されている。
日本には10種を超える仲間が高山や高地に点在し、早池峰山や木曽駒ヶ岳、至仏山など固有種も多い。ヨーロッパアルプスのウスユキソウの仲間は「エーデルワイス」だけであり、そのため珍重されている。
 

ハッポウウスユキソウ
 
名の由来は、花の固まりの周囲にある白い綿毛に覆われた花弁に見える包葉(ほうよう)を、薄く積もった雪に見立てたもの。白系の花にはガクに相当する総包が花弁状に変化するものが多い。

小出しにご紹介した「ハッポウ」の名を冠す高山植物シリーズでしたが、他にもハッポウツガザクラやハッポウウサギギクがあります。残念ながら写真が有りませんのでまたの宿題とさせていただきます。
 
 

太井メでした L(^o^ve)
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 花ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ランキング参加中
クリックで応援宜しくお願い致します
 
 
 
 
ハッポウワレモコウ(八方割木瓜)
バラ科ワレモコウ属
 
 
下の写真左側は雄しべが長く伸び、右側はまだワレモコウの特性が強く残っている。

ハッポウワレモコウとワレモコウ
 
金田一京介氏は吾木香とし(吾亦紅とも書く)としており、漢字カナ変換でも「吾亦紅・吾木香」と変換される。漢字表記と共に名の由来も様々です。

神様が赤い花を呼び集めた時、呼ばれなかった花が「吾もまた紅なり」と申し出て吾亦紅となったとの説が、さだまさしの歌でも引用されたように一番知られているかも知れない。しかし、そもそもワレモコウに紅の字を充てたのは、久米正雄の小説の題名かららしく、物語としては面白いが、歴史的に見ると信ぴょう性に欠ける。

ワレモコウの根の香りが生薬名の木香(もっこう)に似るので「和(日本)の木香」から吾木香となったとの説は、本当に香りが似るのかが確認できていません。古くは源氏物語に薫香の一つとして「われもかう」が初出しますが、見映えのしない花だとされているのが残念。

前川文夫氏(著)「植物の名前の話」によると、宮殿や神社の御簾(ミス:部屋と部屋を仕切るスダレ)のうえに横に幕のように張った布を帽額(もこう)と言う。帽額には瓜を輪切りにした様な「○紋(かもん)」が入っていた。○紋は鳥の巣に卵が入った図柄を紋にしたもので、子孫繁栄を意味しており、中国の唐の時代の官庁のシンボルであった。奈良時代ごろには既に日本でも使われていた。・・(○は穴かんむりに果)・・この紋がやがて音を写して木瓜(もこう)紋となる。この図柄がワレモコウの花に似ており、蕾を良く見ると十字に割れている。よって「割木瓜」と称す。どうもこの説に軍配が上がりそうだ。
余談ですが木瓜紋は織田信長も使用しています。
 

カライトソウに近いハッポウワレモコウ
ハッポウワレモコウは、雄しべがガク片より長く飛び出しているのが特徴で唐糸(中国製の絹糸の総称)草(カライトソウ)とワレモコウの雑種と考えられている。

次回は「八方薄雪草」です。
 
 

太井メでした L(^o^ve)
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 花ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ランキング参加中
クリックで応援宜しくお願い致します
 
 
 
 
ハッポウタカネセンブリ(八方高嶺千振)
リンドウ科センブリ属の越年草
 

八方高嶺千振
 
センブリは別名トウヤク(当薬)とも言われ、腹痛の薬として広く知られている。煎じるとき千回振ってもまだ苦味成分が出るので千振、それだけ苦味が強いことを表しているようだ。花冠は五つに深裂し秋に種子から発芽し根生葉のまま越冬する。
同じ仲間で花色が淡青紫色になるのがムラサキセンブリ。その高山型にタカネセンブリがあり、1cmに満たない小さな花冠は四つに割れ十字型になる。花は濃青紫色の斑点が入り、先端の方に数個つけ背は低い。
 

ハッポウタカネセンブリ
 
タカネセンブリは下の樺より上部の高山帯にある。センブリより薬効が少ないのでイヌセンブリとも呼ばれる。「イヌツゲ」「イヌノフグリ」など、植物の名に付くイヌは"犬"ではなく"異ぬ"の意味。
八方尾根特殊植物のハッポウタカネセンブリは、茎の下方からよく分枝しそれぞれの枝の先に更に数個の花を付けるので見つけやすい。花弁の間に見えるガクが短かいのも特徴。

あまりに苦いので顔を千回振ると言う説もあるが冗談だと思う。そろそろ気になってきているが、発毛促進剤にも混入されているようだ。

次回は「八方割木瓜」です。
 
 

太井メでした L(^o^ve)
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 花ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ランキング参加中
クリックで応援宜しくお願い致します
 
 
 
 
八方尾根の黒菱平から上部は中部山岳国立公園に指定されており、植物の垂直分布の逆転現象が見られる「八方尾根高山植物帯」として県の天然記念物に指定されています。それだけ貴重な植物が多くみられると言うことです。その中でも名前に「ハッポウ」を冠する植物が数種あり、その幾つかをシリーズで"小出しに"  ^ ^; ご紹介しましょう。
 
ハッポウアザミ(八方薊)
キク科アザミ属

ハッポウアザミ
花の基部に小さな鱗片状の葉のようなものが瓦状に並ぶ。この一つ一つを総包片(そうほうへん)といい、全体を総包という。アザミ属の判別にはこの総包と総包片が重要な手がかりになる。ノアザミの花は上に向き、総包は丸く触ると粘りがある。ハッポウアザミは、見た目はオニアザミに似るが、タテヤマアザミに近い。総包には薄いクモの糸状の毛があり、総包片が尖って反り返るのが特徴です。
薊(あざみ)の語源説は、驚く意味合いを持つ"あさむ"の連用形「アザミ」からとか、"あざむく"からの転訛説や、"アザ"は刺の意味で、刺のある木のアザギからの転訛説など諸説ありますがはっきりしません。
高山に生えるアザミは特に岳薊(タケアザミ)と呼ばれ、風味高く柔らかで灰汁も少なく人気の高い山菜です。

次回は「八方高嶺千振」です。
 
 

太井メでした L(^o^ve)
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 花ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ランキング参加中
クリックで応援宜しくお願い致します
 
 
 
 
イネ科エノコログサ属の多年草
 
 

キンエノコロ
朝日に輝いて金色に光る野草に思わず車を止めシャッターを押した。子供の頃から猫じゃらしと覚えていた「エノコログサ」。犬の子供を「いぬころ」(狗児・犬児)といい、この草の穂が子犬の尻尾の様子に似るので「狗児尾草(いぬころおぐさ)」。やがて漢字は「狗尾草」に略され、言葉は「えのころぐさ」になまったとあります。
 

ムラサキエノコロ

エノコログサ
仲間も結構ある。最初に撮った金色に光るのが「キンエノコロ」。紫色の「ムラサキエノコロ」。真直ぐ子犬の尻尾のようにピンと立つのが「エノコログサ」。
 

アキノエノコログサ

秋の主役「アキアカネ」
一回り大きく穂が曲がって頭を垂れているのが「アキノエノコログサ」。道路わきや空き地ですぐに見つかる多くはこれでした。今まで気にも留めない草でしたが、ファインダー越しに覗くと結構絵になります。赤とんぼの季節も終わり掛け、日に日に寒さが募ります。
 

チカラシバ
チカラシバも仲間かと思ったら、同じイネ科でもチカラシバ属だそうです。穂を千切り手の平の中で握ったり開いたりすると、モゾモゾと手の外に出て来ます。以前、面白いので妻に見せてやったら、絶叫を上げて座り込んでしまった。毛虫が嫌いなことをスッカリ忘れてた。
 
 

太井メでした L(^o^ve)
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 花ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ランキング参加中
クリックで応援宜しくお願い致します
 
 
 
 

御山火口(オヤマボクチ)
昔の煙草を吸う道具に煙管(きせる)というのがある。この先端にある金属部分を火口(ほくち)と呼び、花の形がこれに似るので、オヤマボクチになった。と言う説はなかなか説得力がありますが、もう一つ有力な説。 オヤマボクチの葉を乾燥させ砧(きぬた)などで叩くと、綿毛だけが残る。この綿毛が燃えやすく、マッチのない昔は火打石から火を取るための材料になった。火を取る準備材料のことを「火口(ぼくち)」と呼ぶ。また茅葺き屋根の材料となるススキの丘を、大切な山「御山(おやま)」と呼び、そこに多く生える火つけ材の意味でこの名が付いた。方言で炎取草(えんどりそう)とも呼ぶ所もある。
 

ヨツバヒヨドリ
同じく「ヒヨドリバナ」の花柄の乾燥させたものもまた燃えやすい。そこで火を取る意味で「火取花(ひどりばな)」がなまったと言う説がある。ヒヨドリが鳴く頃に咲くからと言う説よりも納得がいく。
 

オニアザミ
余談だがオヤマボクチに似た花で「オニアザミ」がある。花の蕾だけ見ると一見同じに見えるが、葉の違いが際立っていて、オニアザミの葉はトゲが鋭く、いかにも鬼の角や牙を連想させる。オニシオガマ、オニシモツケなど、接頭語に「オニ」が付くものには、トゲが有ったり大型だったりするものが多い。
 

オヤマボクチ
オヤマボクチは葉の裏に綿毛があり白いので、この辺の方言で「ウラジロ」と呼ぶ。この白い綿毛の付いた若葉を細かく刻み、すり鉢であたり、餅つきのときに一緒につくと、美味しそうな緑色の歯ごたえの良い餅になる。そばを打つつなぎとして使っていた頃もあるが、今はあまり聞かなくなった。
 

フジバカマ
煙管と言えば爺様が使っていた。「キキョウ」の絵柄の刻みタバコで、一服吸った火のついたタバコをポンと手の平で受け、転がしながら、もう片方の手で器用に煙草をつめる。そうして手の平のタバコを火種にしてもう一服つけ、美味そうに青白い煙を長く吐き出すのである。吸い方が実に粋で憧れたものです。 ところが一方、恐怖の躾け道具でもありました。箸の持ち方が悪いと手をパシン。膝を崩すと腿をピシャリ。言うことを利かないと頭をコツン。ちり紙で細いこよりを作り、煙管の胴の部分の掃除をよくやらされた。 ある時あまりにも煙管が憎たらしいので折ってやったことがある。しばらく経ったある日、火鉢の横に胴まで金属製のひと回り大きな長い奴が置いてあった。
 
 

太井メでした L(^o^ve)
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 花ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ランキング参加中
クリックで応援宜しくお願い致します
 
 
 
 
キク科ウサギギク属の多年草
 
漢字の丁の字は釘(クギ)の形から来ており、花の形が釘に似て香料にもなったので、中国では丁子(ちょうじ)とか丁香(ちょうか)と書かれています。この花の蕾を乾燥させた物が香辛料のクローブ。肉の煮込み料理やカレースパイスなど、世界中で古くから使われており、英名のクローブもフランス語のクルー(クギ)に由来するのだそうです。
丁子は日本でも江戸時代オランダから盛んに輸入され、乾燥させた花から採られた油分は、万能薬として人気が高かったようです。
 

丁子菊
丁子菊は丁子(クローブ)に似たキクの花のこと。
 

ウサギギク
二裂する花びらを兎の耳に見立て「ウサギ」の名を冠した、と言われるウサギギク属に分類される丁子菊は、深山や亜高山の比較的湿った草地に生え、8月に入ると栂池自然園手前の道路脇にも咲き始めます。猿倉から白馬大雪渓へ行く途中でも小群生が見られます。高山に咲くウサギギクにはあまり似ていませんが、かなり近い種のようで、園芸用の菊にも丁子咲きと言うのがあるそうです。
 

チョウジギクの花
チョウジギクの花柄にある白い毛が猫の足を連想させ、思わず触ってみたくなります。形状もかなり独創的で、強く印象に残る花です。

我が家のトイレには全面クローブが刺さったレモンが置いてある。消臭効果があるんだそうな。殺菌・鎮痛作用もあり、歯の痛い時に噛むと痛さが和らぐんだって・・・・でもそんな時に噛めるか? 結構固いよねェ。
 
 

太井メでした L(^o^ve)
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 花ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ランキング参加中
クリックで応援宜しくお願い致します
 
 

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

ウェブページ